お知らせ

福祉求人の仕事の種類をご紹介!

こんにちは!

 

福祉転職サイトを見る人は、今現在福祉業界で働いている人もいればこれから福祉の仕事を始めていきたい人など様々いるかと思います。

ですが、福祉業界には様々な職種があるので、福祉の中でもどこの分野に転職するかで自分のスキルが行かせるかどうかや必要な知識などが異なります。

そのため知識があまりないまま仕事を選ぶと後で後悔することになりかねません。

 

この記事では皆さんがそんな失敗をしないように、福祉業界の転職にはどんな種類の仕事があるのか少しご紹介していきます!

 

 

・障害福祉

 

社会福祉士は高齢者の方や体や精神に障害がある人のサポートを行います。

具体的にはこうした方々が日常生活を送れるようにお手伝いをしたり、相談を受ける仕事です。

 

 

・精神保健福祉士

 

精神保健福祉士は精神に障害を持つ人のサポートを行います。

精神病などに関する分野の専門知識を持ち、社会復帰のお手伝い等を行います。

 

今はストレスやジェンダー問題などの様に精神に負担がかかることが多い時代になっています。

そのため今後精神保健福祉士の仕事の重要性は高まっていくでしょう。

 

 

 

・サービス管理責任

 

サービス管理責任者は福祉サービスを提供する事業所に必ず設置しなければなりません。

仕事内容は文字通り管理をすることで、事業所全体で適切なサービス提供ができるように調整をします。

これは未経験でできる仕事ではなく、ある程度の実務経験や管理能力のある人が担当します。

 

 

 

・相談支援専門員

 

相談支援専門員は他の職種と仕事内容が少し異なります。

障害者そしてその家族がどんな状況にあるかを正しく理解し、適切な支援を受けられるようにお手伝いをします。

つまり、福祉サービスを必要とする人とその人に合う福祉サービスをマッチングさせるお仕事です。

 

 

 

自分のスキルは活かせそうか、どの職種が一番やりがいを持って働けるかなどしっかりと考えて転職をしましょう。

今回ご紹介しました障害福祉、精神保健福祉士、サービス管理責任者、相談支援専門員などの他にも多くの職種があります。

「ふくしジョブナビ」ではサポートも手厚いため、サポートを受けていない他の人よりも有利に転職活動を進めることができます。

 

 

  気になる方はぜひ一度ホームページの詳細をチェックしてみてください!